プレスルーム

CRYPTOGRAPHY RESEARCH社とケイレックス・テクノロジーが DPA WORKSTATION(TM)の販売契約を締結

ニュースリリース
2011年11月8日

CRYPTOGRAPHY RESEARCH社とケイレックス・テクノロジーが DPA WORKSTATION(TM)の販売契約を締結

〜 サイドチャネル解析プラットフォームDPA Workstation(TM)が重要市場への販路を獲得 〜

2011年11月 7日 Cryptography Research社(略称CRI、米国カリフォルニア州サンフランシスコ、Rambus社(NASDAQ:RMBS)の関連会社)とケイレックス・テクノロジー株式会社(以下ケイレックス、東京都中央区)は、ケイレックスがCRIのサイドチャネル解析プラットフォームDPA Workstation(TM)を販売する契約を締結したと発表しました。この契約によりケイレックスはDPA Workstationを日本国内、韓国、台湾で販売するほか、これらの地域独自の機能拡張を行います。

DPA Workstationは、世界で最も強力でフレキシブルな、サイドチャネル解析(注)プラットフォームです。情報セキュリティーに関連する主要な半導体企業、製品企業、テストラボ、公的機関等の多くが、DPA Workstationを使用して半導体製品のセキュリティーを評価し、安全性の認定を行っています。DPA Workstationは、広範囲な電力解析および安全性評価を行うために必要な、ハードウェア、ソフトウェア、トレーニング教材から構成されています。

差分電力解析(Differential Power Analysis、DPA)とは、暗号システムに対する攻撃の一種で、攻撃対象機器の消費電力の変動を観測し、統計的な手法を用いて暗号鍵やその他の機密を解読するものです。携帯機器、銀行カード、有料テレビシステム、個人認証システム、セキュアストレージシステム、その他の電子機器や半導体部品に対し、その機密を保護するため、DPAに対する強固なな対策がきわめて重要です。世界各国の先進的なセキュリティー標準の多くは、DPAおよび関連する攻撃に対する防護機構を設けることを要求しています。

ケイレックス取締役の札抜 宣夫は、次のように述べています。「DPAに対する対策は、産業界で重要な情報セキュリティー要求になっています。そして日本をはじめ先進的なアジア諸国を含む世界中で、今や必須のものになりつつあります。今回の契約によりケイレックスは、ますます重要になる情報セキュリティーの要求に応えて、CRIのDPA Workstationを各国の公的評価ラボや地元企業に販売することができます。また我々がCRIのDPA Workstationチームの一員となり、その価値を高めていけることを光栄に思います。我々は皆様に市場で最も洗練された評価環境を提供していきます。」

またCRIの技術ディレクター、Pankaj Rohatgi は、次のように述べています。「我々は世界中で我々のサイドチャネル解析プラットフォーム、DPA Workstationに対する要求が高まっているのを感じています。我々のゴールは、公的機関、民間企業双方のデバイスのセキュリティー強化に貢献することです。ケイレックス・テクノロジーをパートナーに迎え、DPA Workstationを日本、韓国、台湾に広めていくことをたいへん嬉しく思います。」

なお、CRIは55を超える取得済み特許と、さらに申請中の特許を加えた技術ポートフォリオを所有し、DPA攻撃に対する対策技術を提供しています。


(注)サイドチャネル解析(サイドチャネル攻撃)とは、暗号システムの正規の入出力、すなわち平文や暗号文の変換とは別に、暗号システムの動作環境から漏洩する情報をもとに、暗号の解読を行う技術です。漏洩情報には、暗号システムの内部動作に応じて変化する電流や電圧、放射される電磁波、特定の動作の処理時間などがあります。攻撃に対する対策が不十分なシステムは、パソコンやオシロスコープなど、容易に入手できる設備だけで暗号を解析することができます。


Cryptography Research, Inc.について
Cryptography Research, Inc. (CRI)は、Rambus Inc.の関連会社で、半導体のセキュリティー技術の研究開発のリーダーです。世界的に有名な暗号研究者Paul Kocherにより設立され、耐タンパー技術、コンテンツ保護、偽造防止、ネットワークセキュリティー、金融サービス等の領域における革新的な技術を開発し、ライセンスしてきました。年間50億セット以上のセキュリティー関連製品が、CRIのライセンスした技術を使って作られています。すなわちCRIの科学者と技術者が開発したセキュリティーシステムが、年間数千億
ドルの商業価値を保護しているのです。さらに詳しくはwww.cryptography.com をご覧ください。

ケイレックス・テクノロジー株式会社について
ケイレックス・テクノロジーは、独立系のITサービス会社です。2004年の
設立以来、半導体デバイス開発および半導体応用システムの開発において、
電子回路の設計自動化技術に基盤を置いた高品質のサービスを提供してき
ました。さらに詳しくは、ケイレックスのウェブサイトwww.keirex.com を
ご覧ください。


本件に関するお問い合わせ先

ケイレックス・テクノロジー株式会社
札抜 宣夫(ふだぬき のぶお)
電話:03-3537-1925
keirex-support@keirex.com

ホフマン ジャパン株式会社 (ラムバス(株)PR代理店)
小倉 徳行、安藤 雅之
TEL:03-5159-2145 FAX:03-5159-2166
E-mail: togura@hoffman.com



来場登録・マイページはこちら

主催者

同時開催

メディアパートナー

Tech-On

半導体産業新聞

EE Times Japan

このページの先頭へ

出展をご検討の方
個人情報保護方針 | 著作権について | お問い合わせ / ご意見・ご要望 | サイトマップ