プレスルーム

アルデック、ハードウェア・エミュレーション実行時に100%の可視性を提供するHVDテクノロジを発表

HVDテクノロジは、日本で開催されるEDSFair2011にて正式発表・紹介されます

Tokyo, Japan - 2011年11月15日 - Aldec, Inc (以下アルデック)は、Riviera-PROシミュレータとHES-DVMエミュレーション・プラットフォームに大幅な機能強化が行われたことを発表します。SCE-MI (Standard Co-Emulation Modeling Interface)をベースとして、100%の可視性を保証する完全な協調エミュレーション・デバッグ環境を提供します。主な機能強化には、エミュレーション時にFPGAベースのエミュレータからインテリジェントにデータを抽出し、Riviera-PROシミュレーション・データベースに直接転送する機能であるHVD(Hardware Visibility-based Debugging)テクノロジを含みます。

「これまでハードウェア設計者は、ハードウェア信号データの正確な抽出と可視化を確保するために、シミュレータやエミュレータに加えて、複数のアプリケーションの使用を強いられてきました。この新しいリリースによりアルデックは、改善された機能とシンプルなデバッグフローを備えた、完全に統合されたデバッグ・ソリューションを提供します。」ハードウェア製品部門のジェネラル・マネージャであるZibi Zalewskiはこのように述べています。

エミュレーション・ソリューションに組み込まれた、アルデックのHVDテクノロジは、必要最低限のデバッギング・プローブの設定で、100%の可視性を保証するハードウェア・エミュレーションを提供して、 RTLコードを解析できます。本アプローチにより、クリティカルなエミュレータとの通信チャネルにおける帯域幅を最大70%削減します。エミュレーション時にダイナミックとスタティックなプローブのどちらでも、オリジナルの信号名と階層パスを保持したままでRiviera-PROの波形ウィンドウにて観測でき、RTLソースコードのトレースが実行できます。

「RTLシミュレーションとエミュレーションで速度とデバッグ性を最適化した共通なシミュレーション・データベースを利用できることは、設計フローを驚異的にシンプルにします。設計者はエミュレーション時に使い慣れたRiviera-PROのデバッグ機能を利用することができ、不要なデータベース変換作業を省くことができます。」Riviera-PROのプロダクト・マネージャであるDmitry Melnikはこのように述べています。

HVDテクノロジは、アルデックの製品で利用可能です。HVDテクノロジの詳細はアルデック・ジャパンまでご連絡ください。

AldecおよびRiviera-PROはアルデックの商標です。
その他全ての商標または登録商標は当該各社に帰属します。



来場登録・マイページはこちら

主催者

同時開催

メディアパートナー

Tech-On

半導体産業新聞

EE Times Japan

このページの先頭へ

出展をご検討の方
個人情報保護方針 | 著作権について | お問い合わせ / ご意見・ご要望 | サイトマップ