出展者詳細 カーボン・デザイン・システムズ・ジャパン(株)
F-09 

カーボン・デザイン・システムズ・ジャパン(株)
Carbon Design Systems Japan K.K.
新製品

出展物紹介

Carbon Model Studio : RTL to SystemC/C
- 100%サイクル精度のモデルの生成ツール
Carbon SOC Designer Plus : ESLツール
- Carbon社では、ARM社IPに関しては、プロセッサ、バス、周辺IP含め、
全てのIPが100%サイクル精度モデルとして、Carbon SoC Designer Plusに
バンドルされています。
ARM社製AMBAバスIPについては、Carbon SoC Designer Plus に
ARM社製AMBA Designer Liteがバンドルされていますので、
特に近年のSoC性能設計の要と言われるバス性能解析・設計を
100%サイクル精度のAMBAバスIPモデルを使用して、実シリコンと
同一精度で検証することが可能になりました。
Carbon SoC Designer Plusに付属するプロファイル機能を
使用することにより、簡単かつ詳細に性能解析が行えます。
Carbon IP Exchange : クラウドベースのモデル生成サイト
数兆通りの組み合わせがあるようなコンフィギャラブルIPについては、
クラウドベースのモデル生成サイト“Carbon IP Exchange”で、
  任意のコンフィギュレーションの100%サイクル精度モデルを
  生成可能です。“Carbon IP Exchange”のクラウド上には、ARM社以外の
  他IPベンダー社製モデルも現在準備中です。


Carbon SoC Designer Plus is a complete solution for the development, execution, and analysis of virtual system platforms. Carbon SoC Designer Plus delivers value throughout the entire design lifecycle, and provides a virtual platform for:
- System model development and IP integration
- Pre-silicon hardware/ software integration
- Accurate architectural analysis
Carbon SoC Designer Plus provides users unlimited access to Carbon IP Exchange (Cx). Carbon IP Exchange is a web portal that contains a variety of models from Carbon's IP partners to provide the widest range of models targeted to virtual system prototypes. Models can be easily configured, built, downloaded and managed from Cx and dropped directly into SoC Designer Plus. The benefits of Carbon IP Exchange are numerous:
- Quality
- Models are generated in a "clean" environment that is proven and continually regression tested. Cx understands the dependencies between the model and SoC Designer Plus to ensure compatibility.
- Usability
- Models are configured using a short series of questions which automatically adapt as answers are given to ensure that only valid configurations are built. No RTL or design knowledge is required to configure or build a model.
- Enhanced Customer Satisfaction : The Cx service is available 24/7 allowing customers to configure the model as they need it and when they need it. Users can easily check on the status of any given model they have requested to be built.
- IP Management : Cx maintains a secure history of customer models and will automatically notify the users as soon as a new revision or model is available on Cx. This same secure history mechanism enables users to leverage IP and configurations being used elsewhere within their organization.


出展者セミナー

2011年
11月16日(水)
新製品
時間:12:00 〜 12:45   会場:D11
100%サイクル精度モデルベースのESLツール”SOC Designer Plus”
大石 敏久
アプリケーション エンジニアリング グループ ディレクター
ARM社のプロセッサ、バス、周辺IPを含む全てのIPの100%サイクル精度モデルをベースとしたCarbon社のESLツール“Carbon SoC Designer Plus”とクラウドベースのモデル生成サイト“Carbon IP Exchange”により、コンフィギャラブルIPやAMBAバスIPの100%サイクル精度モデルも生成可能で、バス性能解析を100%サイクル精度のモデルを使用して、実シリコンと同一精度で検証することが可能です。
2011年
11月17日(木)
新製品
時間:10:00 〜 10:45   会場:DM3
100%サイクル精度モデルベースのESLツール”SOC Designer Plus”
大石 敏久
アプリケーション エンジニアリング グループ ディレクター
ARM社のプロセッサ、バス、周辺IPを含む全てのIPの100%サイクル精度モデルをベースとしたCarbon社のESLツール“Carbon SoC Designer Plus”とクラウドベースのモデル生成サイト“Carbon IP Exchange”により、コンフィギャラブルIPやAMBAバスIPの100%サイクル精度モデルも生成可能で、バス性能解析を100%サイクル精度のモデルを使用して、実シリコンと同一精度で検証することが可能です。
2011年
11月18日(金)
新製品
時間:16:00 〜 16:45   会場:DM3
100%サイクル精度モデルベースのESLツール”SOC Designer Plus”
大石 敏久
アプリケーション エンジニアリング グループ ディレクター
ARM社のプロセッサ、バス、周辺IPを含む全てのIPの100%サイクル精度モデルをベースとしたCarbon社のESLツール“Carbon SoC Designer Plus”とクラウドベースのモデル生成サイト“Carbon IP Exchange”により、コンフィギャラブルIPやAMBAバスIPの100%サイクル精度モデルも生成可能で、バス性能解析を100%サイクル精度のモデルを使用して、実シリコンと同一精度で検証することが可能です。

連絡先

カーボン・デザイン・システムズ・ジャパン(株)
Carbon Design Systems Japan K.K.
TEL:03-5524-1288   FAX:03-5524-1290
E-mail:carbonjapan@carbondesignsystems.co.jp
URL:http://www.carbondesignsystems.com

所在地

〒104-0031
東京都中央区京橋1-17-1
1-17-1, Kyobashi, Chuo-ku, Toyko 104-0031, Japan

出展者一覧 / 検索 に戻る

来場登録・マイページはこちら

主催者

同時開催

メディアパートナー

Tech-On

半導体産業新聞

EE Times Japan

このページの先頭へ

出展をご検討の方
個人情報保護方針 | 著作権について | お問い合わせ / ご意見・ご要望 | サイトマップ