出展者詳細 北九州市立大学 情報メディア工学科 梶谷研究室
UI-014 

北九州市立大学 情報メディア工学科 梶谷研究室
Kajitani Laboratory
The University of Kitakyushu,
Departent of Media and Information Sciences
世界初

出展物紹介

Kラウタ 新生 多ネット 超高速超高配線率 配線ツール
基板の配線設計、例えばSiPのインターポーザ配線、PCBのBGA引出配線、FPGAの論理配線など、は自動化困難で人手に頼っていますが破綻は目睫に迫っています。協調設計の成否は「異なる回路の端子群を配線する自動ラウタ」にありますが現状方式では見込みがありません。
この苦境を救うために4年の開発を経てKラウタが生まれました。その基本性能は怪物です。デモでは(a)1000ピンBGAの引出を10秒で完成させます。全層配線済です。10,000ピンでも数分です。(b)インターポーザ風の100対のランダム配置ピン間を0.1秒以内で配線を完成します。ピン位置変化に対応する配線分布変化も見えます。(3) 配線捩じれをただす2層回路も可視化されています。
半世紀ぶりに原理を更新したKラウタ、実用ツールとしては未熟ですが、次世代の主要な配線原理になるでしょう。多様な配線局面に対応するツールとなって順に登場します。



K-Router: A newly born multi-net ultra high speed & success-rate router
Routing for the board design such as SiP's interposer routing, PCB's BGA escaping, FPGA's routing, are critical but current poor productivity by the manual design is bankrupting. Co-design for this situation depends on the performance of the router connecting different designs but hopeless.
K-router was born after four years to rescue this situation. It is a born multi-net router. Its power is, you believe or not, monstrous; Demonstration includes (a) 1000 pin BGA is escaped with all layers completely routed, in 10 seconds. If it is 10,000 pins, only several minutes. (b) A 100 random pin interposer is completed in less than 0.1 second. You will see how wire density changes as the pin location changes. c) For net-list routing, a tangle resolution circuit is visualized which is an image of hard design.
K-router, after the history of a half century for automation, will deal a new routing principle. It is a baby not yet a tool for industry will take place of the major principle in the future design.


連絡先

北九州市立大学国際環境工学部
Faculty of Environmental Engineering,
The University of Kitakyushu
E-mail:kajitani@kitakyu-u.ac.jp

所在地

〒808-0135
北九州市若松区ひびきの1-1
1-1 Hibikino, Wakamatsu-ku,
Kitakyushu, Fukuoka

出展者一覧 / 検索 に戻る

来場登録・マイページはこちら

主催者

同時開催

メディアパートナー

Tech-On

半導体産業新聞

EE Times Japan

このページの先頭へ

出展をご検討の方
個人情報保護方針 | 著作権について | お問い合わせ / ご意見・ご要望 | サイトマップ