出展者詳細 サーキットストラ テクノロジーズ社
ECA-008 

サーキットストラ テクノロジーズ社
CircuitSutra Technologies Pvt Ltd

出展物紹介

サーキットストラ テクノロジーズ社はSystemCによるSoCモデリングサービスを提供する会社です。

・ESLツールに依存しない
システムレベル設計環境の構築
・再利用可能なSystemC IPライブラリの整備
・抽象度の異なるモデルの混在使用
・動作合成用モデルの開発
・バーチャルプラットフォームの開発
・バーチャルプラットフォームを用いた組み込みソフトウェア開発の推進

など高位設計環境整備が課題となっていませんか?

CircuitSutraは、SystemCによる高位設計環境の立ち上げ、展開、ノウハウ蓄積などお客様それぞれのニーズに応じて、受託開発、コンサルティング、トレーニングなど技術支援による解決をご提案いたします。ぜひブースにお立ち寄りご相談ください。

CircuitSutraは2005年インドにて設立。ヨーロッパ、米国の企業を中心にSoCバーチャルプラットフォームの構築、IPモデルの作成等で実績を積み重ねて参りました。また、OSCI TLM2.0, OCP-IP TLM kit, STARC TL GuidelineなどSystemCの標準化関連団体とも密接に関わり、その標準化作業の支援にも積極的に取り組んでおります。

またESLツール各社とパートナーシップ契約を結んでおり、お客様のツール環境に合わせたモデル開発を行なうことができます。


CircuitSutra Technologies Pvt Ltd was started in 2005 and is able to establish itself as the centre of excellence in SystemC based SoC Modeling. We create the software models of the complete System on Chip (SoC) or the individual IP blocks at various abstraction levels. CircuitSutra has an in-depth understanding of various standards in modeling domain (OSCI TLM2.0, OSCI TLM1.0, STARC TL Guidelines, OCP-IP TLM Kit, SystemC Synthesizable subset draft, OSCI CCI). We are providing SystemC modeling services to a worldwide customer base, which range from small fabless companies to the top ten semiconductor companies.

We can help customers to develop standards based tool independent models and modeling infrastructure for various needs:

- Virtual Platform of System on Chip (SoC)
- Synthesizable models for High Level Synthesis
- Bus specific TLM Kit (By extending OSCI TLM2.0)
- Adaptors between different abstraction levels

CircuitSutra has partnership with all the key players in the ESL ecosystem and can help the customers in the adoption of these ESL technologies.


出展者セミナー

2011年
11月17日(木)
時間:11:00 〜 11:45   会場:DM3
Standards based tool independent SystemC modeling for Virtual Platforms & HLS
Umesh Sisodia, CEO
Girish Verma, Technical Leader (通訳あり)
SystemCとは,ハードウエアを記述できるようにしたシステム設計言語であり、C++のクラスライブラリとして提供されています。SystemCを使用することにより、システムLSIの上流設計が可能となります。

SystemCは従来のハードウェア記述言語に比べ記述の自由度が大きく、モデルの適用用途も幅が広いため、目的を明確にしたモデル化と運用の知見が不可欠です。

例えばソフトウェア開発環境では、FPGAボードによる実機検証に代わるバーチャルなプラットフォーム(VP)として、ハードウェアのSystemCモデルを用いる取り組みが進んでいます。

一方ハードウェア設計環境では、抽象度の高いVPモデルから、高位合成(HLS)が可能な記述への書き換えでデバイスへの具現化を行う技術が実用化されています。

 本セミナーでは、ソフトウェア開発のためのバーチャルプラットフォーム(VP)としてのSystemCモデルと、高位合成(HLS)用SystemCモデルについて取り上げ、次のようなトピックをお話いたします。

・VPで実現できるソフトウェア開発環境
・VPで必要とされる高速シミュレーション実現のためのモデリング技術
・VP用モデルをHLS用モデルに能率よく書き換えるために推奨するモデル構造と留意点
・VP/HLS共通に使えるジェネリックモデルのメソドロジ

また、ツールに依存しないモデルライブラリの在り方についてもご提案いたします。
 

連絡先

日本国内営業
sales-jp@circuitsutra.com

India Sales
sales@circuitsutra.com
TEL:+91-120-6515357   FAX:+91-120-4659146
E-mail:sales@circuitsutra.com
URL:http://www.circuitsutra.com/

所在地

Amity Technology Park, Block E2, First Floor,
Amity Univ. Campus, Sector-125, Noida, UP, India

出展者一覧 / 検索 に戻る

来場登録・マイページはこちら

主催者

同時開催

メディアパートナー

Tech-On

半導体産業新聞

EE Times Japan

このページの先頭へ

出展をご検討の方
個人情報保護方針 | 著作権について | お問い合わせ / ご意見・ご要望 | サイトマップ