ET×EDSFair共同企画セッション

事前聴講申し込みは終了いたしました。

11月20日(水) 13:00-15:00 場所:アネックスホール 2F [F205 + F206]

第一線のエンジニアに聞く、組み込み機器の開発事例と「成功の法則」
―― ここまで来た! システム&ソフトウェア開発最前線
 

開発期間の短縮と設計品質の向上を実現するため、組み込みシステムの開発基盤の整備・拡充が急ピッチで進んでいます。CPUはARMアーキテクチャでマルチコア、OSはオープン・ソース、開発環境はFPGAベースの評価ボードとバーチャル・プラットフォーム、そして差異化の要素となるハードウェア部品やソフトウェアの早期開発。グローバルな市場競争は一段と激しさを増しており、今や小手先の設計改善を積み重ねるだけでは開発プロジェクトを「成功」に導くことが困難になってきています。
本セッションでは、ディジタル家電や画像処理機器、ネットワーク機器など、いくつかの組み込み機器の開発事例を紹介します。また、そのプロジェクトを「成功」に導いた要因、そして「失敗」しないための設計の考え方や適切な評価・検討手法について、電子機器メーカ、およびCPU、リアルタイムOS、開発環境のベンダが本音の議論を展開します。


【関連記事】
国内半導体企業の不振で機器メーカーの開発体制にしわ寄せ、その傾向と対策を議論へ
http://techon.nikkeibp.co.jp/article/EVENT/20131111/315500/?ST=et
【講演者】 内海 弦 氏 アーム(株)  代表取締役社長

内海 弦 氏
アーム(株) 代表取締役社長

1987年、インテルジャパン株式会社(現インテル株式会社)に入社。1989年から1990年、Intel Corp.本社サンタクララ勤務。1991年から1995年まで、フィールドアプリケーションエンジニアとして国内PC顧客のDesign win活動に従事。1995-1996年VLSIテクノロジ勤務。デジタルコンシューマプロダクト製品の技術マーケティング・マネージャ。1997年から2003年、インテル株式会社勤務。ワイヤレス技術センター、およびフィールドアプリケーション本部長代理。2003年から2008年、テンシリカ株式会社勤務にて、フィールドアプリケーションディレクターとして勤務。2008年11月アーム株式会社入社。OEMセールスを経て2010年よりセールスVPに就任、2013年7月、代表取締役社長に就任し現在に至る。

上倉 洋明 氏 イーソル(株) エンベデッドプロダクツ事業部長

上倉 洋明 氏
イーソル(株) エンベデッドプロダクツ事業部長

14年間の組み込み分野におけるソフトウェア設計および開発業務を経て、2002年 イーソル株式会社に入社。μITRON/T-KernelなどのリアルタイムOSを中心としたフィールドアプリケーションエンジニアとして、国内組込み機器開発メーカー様への販売活動に従事。2013年から「eT-Kernel」と専用開発ツール、各種ミドルウェアを統合した「eT-Kernel Platform」を扱う、エンベデッドプロダクツ事業の取りまとめを担当。

中野 淳二 氏 日本シノプシス合同会社 システムレベルソリューションズ FAEマネージャー

中野 淳二 氏
日本シノプシス合同会社 システムレベルソリューションズ FAEマネージャー

山下 浩一郎 氏 (株)富士通研究所  ユビキタスプラットフォーム研究所 主管研究員

山下 浩一郎 氏
(株)富士通研究所 ユビキタスプラットフォーム研究所 主管研究員

95年富士通(株)入社。VPPシリーズスパコンの並列OS開発を経て、01年電子デバイス事業本部に異動。システムLSIのマルチメディアシステムを開発。02年より富士通マイクロエレクトロニクス上海に出向、アジア圏デバイスマーケティングに従事。2006年より(株)富士通研究所。ESLによるモバイルチップの上流シミュレーション、シンビアンファウンデーションSMP-WG議長を歴任。現在、M2Mセンサーネットの研究開発に従事。現在、同研究所・主管研究員。

木村 貞弘 氏 (株) リコー ワーク・ソリューション開発本部 第六開発室 室長

木村 貞弘 氏
(株) リコー ワーク・ソリューション開発本部 第六開発室 室長

1996年に(株)リコーに入社。半導体製造プロセス開発業務に従事。その後、DSPのファームウェア開発を担当。主に、音声処理、アナログモデム通信のソフト開発を実施した。その後、通信のスキルを生かし、通信系ハードウェア設計を担当。無線LANのSoC開発を行い、通信系SoC開発の難しさを経験、これを克服するために、仮想ハードウェアの技術開発を推進してきた。現在はToE(TCP / IPオフロードエンジン)を主軸にした技術開発ならびに新規事業開発に従事している。

【モデレータ】 中山 俊一 氏 テクニカル・ライター/コンテンツ・キュレーター

中山 俊一 氏
テクニカル・ライター/コンテンツ・キュレーター

半導体分野や電子分野における技術記事の執筆、セミナやイベント、Webコンテンツの企画立案などに従事。1991年日経BP入社。日経エレクトロニクス編集部にて、編集記者としてASIC技術やEDA技術などを担当。1997年CQ出版入社。Design Wave Magazine編集長、Interface編集長、クロスメディア部 部長、取締役(クロスメディア担当)を務める。2013年6月に独立してフリーに。

出展者セミナー聴講事前登録はこちら/マイページはこちら

主催者

同時開催

Embedded Technology 2013

メディアパートナー

Tech-On

EDN

EETIMES Japan

半導体産業新聞

このページの先頭へ